運用記事

異業者両建てスワップ運用実績報告 – 2016/01/16

2016/01/16時点の南アフリカランド/円(ZAR/JPY)の異業者両建てスワップサヤ取りの運用状況を報告します。ローリスクで不労所得を得る方法として私のメイン投資法の1つになっています。

異業者両建て運用方法

運用方法は、【独自運用】ランド/円の異業者両建てスワップサヤ取り運用を参照してください。
この運用では、GMOクリック証券DMM.com証券を利用しています。

異業者両建て運用実績

運用実績は以下になります。

約定日 数量 スプレッド損益 スワップ損益 合計損益
2015/07/16 100,000 -2,200 7,239 5,039
2015/08/20 100,000 -1,800 6,037 4,237
2015/09/16 100,000 -1,900 4,961 3,061
合計 300,000 -5,900 18,237 12,337

口座の状態は以下になります。

  • DMMFX
  • DMMFXの口座情報
  • GMOクリック証券
  • GMOクリック証券(クリック365)の口座情報

投資に対する感想や今後の展望

ポジション300,000通貨を維持しており、順調に運用しています。この投資を始めて半年となりますが、ついに合計1万円の不労所得を得ることに成功しました!!(含み益ではありますが)半年1万円の利益を定期預金(高金利銀行でも年0.3%)で得ようとすると600万円~700万円程度必要になります。それをこの投資法では150万円程度で実現していますので、定期預金の4倍~5倍の効率で運用できています。スプレッド差は取り戻しているので今後はこれ以上のパフォーマンスになることでしょう。
現在の業者間のスワップ差は100,000通貨あたり1日32円となっています。現在300,000通貨なので1日96円、1年では約35,000円程度の不労所得が得られる計算です。当面の目標は月1万円の不労所得とします。
年明け早々、リスク回避の動きによって急速に円高に向かいました。その影響でロングポジションのGMOクリック証券側の口座へ10万円の証拠金追加で調整しています。年明けに100,000通貨の両建てを追加しようと考えていましたが、荒れ相場であるため落ち着くまで様子見します。

証券会社ランキング
楽天証券
使いやすい画面で初心者に優しいのが特徴です。手数料も業界最安値クラスです。
使いやすさ
国内株
海外株
投信
SBI証券
海外株を買うならSBI証券がおすすめです!住信SBIネット銀行と連携することで業界最安値で外貨を買うことができます。
使いやすさ
国内株
海外株
投信
マネックス証券
取り扱い銘柄多数!他の証券会社で扱っていない銘柄もマネックス証券なら扱っているかもしれません。
使いやすさ
国内株
海外株
投信
ポイントサイトでお得に口座開設

ポイントサイト経由で口座開設することで数百円~数千円もらえます。
会員登録は無料ですので、ぜひ活用しましょう!
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス