基礎知識

銀行預金よりも高利率な株式の配当金

株式を所有することで企業の利益の一部を配当金として分配されます。銀行預金は金利が低すぎて資産運用に向いていませんが、配当金では目に見えて資産が増やすことができます。
それでは、株式における配当金のメリット・デメリットについて確認しましょう。

配当金とは?

企業が利益を出した際に、その一部を株主へ還元されるものを配当金と呼びます。そしてこれは、業績によって1株あたり何円と決められます。たとえば5円だとすれば、1,000株の場合は5,000円になるわけです。

ただし配当金についての取り決めを決めるのは企業側であり、明確な決まりはありません。そのため、出していない企業もあれば、回数が多いところや少ないところもあります。一般的には年に2回となっていますが、1回のところもあれば4回のところもあるのです。

配当利周りを計算しよう

1株5円や1株10円などと決められていても、それがどれだけの利益率なのかは計算しておく必要があります。いくらの利益が出たのかではなく、どれだけ投資してどれだけ回収できたのかが重要です。この配当利回りは以下の計算式で産出できます。
 配当利周り(%)=1株あたりの配当金÷購入株価×100

国内株では一般的に、この利回りは2%以上あると高配当であると判断されます。この数字だけを見ると、それほど得のできるものではないと考えてしまう人もいますが、保有しているだけでもらえる不労所得としては十分な数字です。2%という数字だけを見ても、銀行に預金をしているよりもずっと高いのです。

その株式の特徴をしっかり把握しよう

企業によって配当金が出ないところもあれば、それが出るだけではなく株主優待も出るところがあります。株式を購入する際には、こういうところも含めてどれだけの利益が得られるのかを考えてみてください。通常でも銀行預金よりも高利率なのですから、株主優待を含めて考えてるとかなりお得な企業もいくつか見られます。

もちろんこれは長期保有をする人向けの特典なので、株価の変動があったらすぐにトレードする人には向いていません。株式による投資には、いろいろな稼ぎ方があります。その株式の特徴をつかんで、長期と短期のどちらが適しているのかをチェックしてみてください。それができれば、効率よく不労所得を得られるようになります。
長期保有する際には割安に購入して保有しつづけるのが値下がりリスクも少ないのでベストです。『長期投資をする際のチェックポイント』にてまとめていますのでチェックしてみてください。

株と聞くと、大損をしてしまった人のエピソードを聞いたことがある人は、警戒してしまうかもしれません。確かに、いつ何が起きるかという懸念はあります。しかし安定した株式を保有し続けるだけで銀行預金よりも利益があるなら、資産運用の方法として選択する価値は十分にあるのです。

配当金がすべてではない

ここまで『配当金を多く分配している企業が良い』という話をしてきていますが、配当金がすべてではありません。
配当金を分配していない分は企業の資産としてストックされます。必要であれば、事業投資に使われるなど企業成長に使用されます。結果として株価に反映されますので配当金がすべてではないことを覚えておきましょう。

インカムゲインで定期的な不労所得を得ることを重要としない方は、配当金を意識せずに企業の成長を重視した方がうまくいくと思います。

証券会社ランキング
楽天証券
使いやすい画面で初心者に優しいのが特徴です。手数料も業界最安値クラスです。
使いやすさ
国内株
海外株
投信
SBI証券
海外株を買うならSBI証券がおすすめです!住信SBIネット銀行と連携することで業界最安値で外貨を買うことができます。
使いやすさ
国内株
海外株
投信
マネックス証券
取り扱い銘柄多数!他の証券会社で扱っていない銘柄もマネックス証券なら扱っているかもしれません。
使いやすさ
国内株
海外株
投信
ポイントサイトでお得に口座開設

ポイントサイト経由で口座開設することで数百円~数千円もらえます。
会員登録は無料ですので、ぜひ活用しましょう!
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス