基礎知識

個別株投資において必要なテクニックと心構え

アベノミクスによって株価は長期的な上昇トレンドが継続しており、2017/10/13現在、日経平均株価は21,000円を超えて史上最高値を更新しています。

これから株や投資信託を始めようと考えているかたもいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな方たちに向けて、株取引を行ってきた私が感じる、個別株投資を行う上で必要なテクニックと心構えを説明します。

はじめに

まず、はじめに前提条件をお話ししておきます。
私は以下の投資スタンスを取っています。異なるスタンスで取引される方には参考にならない部分があると思います。

  • 中長期投資
  • キャピタルゲインを狙う
  • ファンダメンタル分析での企業評価

企業のファンダメンタルを分析して、成長性がある会社に、割安もしくは適正な株価で購入して、企業価値の上昇に伴う株価上昇を狙います。もしくは、市場が過小評価して割安となっている株を購入し、市場の評価見直しによる株価上昇を狙います。

必要なテクニックと心構え

株の基礎知識は絶対必要

株とはそもそも何なのか?良く知らないと株式投資をしてはいけません。知らずに投資することは博打と同じであり、市場では負ける可能性が高いでしょう。
基礎知識がないと、株の適正価格も判断できません、貴重なIR情報を見ても理解でできず、正確な投資判断ができないと思います。
それを補うには、本サイトの「株式」でも紹介していますが、書籍や証券会社のオンラインセミナーで詳しく分かりやすく解説しているのでおすすめします。オンラインセミナーは無料のものもありますので是非活用してください。
おすすめのセミナーは「公認会計士に学ぶ! 初心者にもできる株式長期投資!」です。全6時間のボリュームで、初心者も分かりやすく株の基礎について説明されています。無料で見れますので是非活用してください。初心者には目から鱗の内容だと思いますし、確実に投資の力が身に付きます。

ファンダメンタル分析能力

企業がどのようなビジネスをしているのか、どのような戦略を取っているのか、そしてそれらによって、今後企業が成長していくのかを調査・分析して考える必要があります。そのためには色んな業界の知識が必要で、時には海外の知識も必要になります。
これを補うには、セミナーを受けたり、ニュースをチェックしたり、流行りのものをチェックするようにします。

そして、最も重要なことは、売買を行うときの理由付けを行うことです。昨年実績で適正価格はこれくらいで成長を見込んだらこれくらいといったように、自分ならいくらで買うかを考えるんです。そうしておけば、高掴みのリスクも減りますし、割安で買って適正価格もしくは割高で売ることもできます。適正価格の判断精度はファンダメンタル分析の能力に比例します。
たまに、「儲かる銘柄を教えてほしい」と言われたり、「儲かる銘柄を教えます」と言った投資顧問サイトがあります。しかし、買う理由を理解していないと、買った後にどう動けば良いのか分からなくなるでしょう。

また、それらを客観的に評価する力が必要です。人間は自分が選んだものというのを信じたくなる傾向があると思います。しかし、株式投資においては、誤った選択は自分で正すしか方法がないんです。そのため、主観的にならずに常に客観的に評価する力が必要です。
これは、経験の部分が多いのかもしれません。でも、誰しも主観的に見てしまうということを頭の片隅に置いておくことで対策になると思います。

ファンダメンタル分析については以下のページでも紹介しています。

リスク管理

自分の許容できるリスクを知る必要があります。それは、許容以上にリスクを取ると、気になってしまって何も手につかない状況になったり、正常な投資判断ができなくなって損失を生む可能性があります。
投資で全戦全勝は無理だと思ってください。東芝やタカタや東京電力のように、いつ何が起こるか分かりません。最悪、紙屑になる覚悟でリスクを取るようにしてください。

さいごに

市場は常に変化して色んな人の思惑で株価は変動していきます。
特に保有銘柄の適時開示情報は必ずチェックするようにして、決算短信で自分が思った通りに業績が推移しているのかチェックするようにしましょう。

今は株価は上昇トレンドが続いていますが、必ず反転する時がきます。株価は上昇するときはゆっくりだが下落するときは急に起こります。世界には色んなリスクがあり、何がきっかけで起こるのかは分かりません。
そして、株価暴落は株価が上がってきて、初心者が株式市場に参加した時に起きやすいとも言われています。ここから東京オリンピックまでは常に危機感を持って全力投資しないようにリスク管理だけは気を付けていきましょう。

証券会社ランキング
楽天証券
使いやすい画面で初心者に優しいのが特徴です。手数料も業界最安値クラスです。
使いやすさ
国内株
海外株
投信
SBI証券
海外株を買うならSBI証券がおすすめです!住信SBIネット銀行と連携することで業界最安値で外貨を買うことができます。
使いやすさ
国内株
海外株
投信
マネックス証券
取り扱い銘柄多数!他の証券会社で扱っていない銘柄もマネックス証券なら扱っているかもしれません。
使いやすさ
国内株
海外株
投信
ポイントサイトでお得に口座開設

ポイントサイト経由で口座開設することで数百円~数千円もらえます。
会員登録は無料ですので、ぜひ活用しましょう!
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス