考察・手法・テクニック

意外と侮れない株主優待のメリットについて

株主優待という言葉をメディアで聞くことが多くなり、注目している個人投資家も多いのではないでしょうか?
海外ではメジャーではない制度のようですが、日本では好きな人も多いですよね。
株主優待とはどのようなものか、また気を付けるべきことについて考えていきましょう。

株主優待とは?

株式会社が発行する株式を一定数以上保有している株主に対して行う優待制度が、株主優待です。これはすべての株式会社が行っているわけではありませんが、上場企業の4分の1近くが行っており、広く実施されている制度の1つです。

どのような優待を行うのかも企業によって自由に決められますが、場合によっては利回りが10%近くになるものもあるため、不労所得とまではいかないまでも株式を保有するメリットの1つとしてあげられています。

なぜ優待するのか

株式は、ずっと保有し続ける義務がありません。そのためデイトレーダーなどは、細かく株の売買を繰り返すことによって利益を上げています。しかし企業側からすれば、長期保有してくれる安定した株主のほうがありがたいのです。そのため少しでも長く自社株を保有してもらえるように、優待措置をとっています。

そのまま配当にするという選択肢もありますが、優待の場合は会社側の税負担が軽くなるメリットがあります。基本的には企業側にとってのメリットが大きな方法ですが、投資家にとってもメリットはあります。もしも保有する株式の価値が多少下がったとしても、優待内容によってはそれ以上の価値を実感できます。長期的に保有することをメインにしている場合は、損をしたと思えることが少ないだけでも十分なメリットがあるのです。

どんなものがあるのか

提供されるものとして多いのは、商品券です。その会社が展開しているお店やサービスで利用できる商品券が一定額得られることや、航空券の割引などで活用できる場合もあります。直接お金がもらえるわけではありませんが、自分が普段から利用する企業の株式を保有しているなら、配当金以上に得と感じると思います。
次に多いのは企業が売っている品物が贈られてくるケースです。食品や飲料を扱う企業が多く、日本は高品質な企業が多いのでどこからもらっても嬉しいと思います。特に自分がファンの企業から物をもらえると嬉しいですね。

注意したいのは、『株式を一定数以上保有している』という条件です。その基準を満たしていなければ、株式を持っていても優待は受けられません。またその一定数も段階ごとに分かれている点に注意してください。100株以上で優待券がもらえる場合、99株では優待を受けられません。いくら投資してどれだけの優待を受けられるのかは、事前に確認をしておきましょう。

優待利回りに注意

投資における株主優待は、あくまでもオマケのようなものだと考えてください。保有する株式の数が株主優待をもらえるギリギリなら得をできますが、一定以上になるといくら保有数が多くても優待内容は変わらないことが多いです。そのため、同じ企業の株を大量に保有をする場合は、思っていたほどの利益を得られないこともあります。しかし優待目的で複数社の株を保有し続けるなら、お小遣い稼ぎとして十分に使える制度なのです。

株主優待を追いすぎるのも危険

株主優待狙いの場合、長期投資になることが多いと思います。長期投資となれば、株価値下がりによる資産損失リスクが避けられません。いくら魅力的な株主優待であっても『買い時』を考えねば損失が膨らみます。
株式の長期投資において銘柄選択する4つのポイント』にて解説していますので参考にしてください。

証券会社ランキング
楽天証券
使いやすい画面で初心者に優しいのが特徴です。手数料も業界最安値クラスです。
使いやすさ
国内株
海外株
投信
SBI証券
海外株を買うならSBI証券がおすすめです!住信SBIネット銀行と連携することで業界最安値で外貨を買うことができます。
使いやすさ
国内株
海外株
投信
マネックス証券
取り扱い銘柄多数!他の証券会社で扱っていない銘柄もマネックス証券なら扱っているかもしれません。
使いやすさ
国内株
海外株
投信
ポイントサイトでお得に口座開設

ポイントサイト経由で口座開設することで数百円~数千円もらえます。
会員登録は無料ですので、ぜひ活用しましょう!
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス