その他

NISA口座について

今更感はありますが、これから投資を始める方もいらっしゃると思いますので、NISAについて説明します。
2016年からはジュニアNISAが始まりますが、本記事は成人向けのNISAを対象としています。

NISAとは

NISAとは、少額投資非課税制度のことで、株や投資信託で得た利益(値上がり益や配当金)が非課税になる制度です。(通常は利益の20.315%かかります)非課税枠として毎年100万円(2016年からは120万円)の枠が用意され、有効期間は5年間となっています。2014年~2023年の10年間の間、毎年枠が増えますので最大600万円の非課税枠となります。有効期間の5年が経過した後は、新たに増えるNISA枠に移すか、特定口座(一般口座)に移すかのどちらかになります。また、非課税枠は購入する度に減算されていきますので、売却したからといって再利用できるものではありません。

NISA制度のポイントを以下にまとめます。

  • 非課税枠は毎年100万円(2016年からは120万円)
  • 非課税枠の有効期間は5年間
  • 株式と投資信託で使用可能
  • 枠の再利用はできない
  • 口座開設は20歳以上

NISAのデメリット

一見メリットが多いNISAですが、デメリットもありますので注意しましょう。

損益の通算・損失の繰越ができない

NISA口座を使って損失が出た場合、損失とみなさないという原則があります。それは、NISAという制度を使って節税するつもりが逆に増えてしまう可能性があるということです。
例を以下に示します。
 特定口座:年間+50万円
 NISA口座:年間-40万円
この場合、全て特定口座で運用していれば(50万円-40万円)×税率となりますが、上記の場合だと50万円×税率となって税金が増えてしまいます。また、同じ理屈で損失を次の年への繰り越すこともできません。

期間満了時の振り替え時は振替時の時価で行う

こちらも税金面でのデメリットになります。
例えば、50万円で購入した株が40万円に値下がりした状態で5年の有効期間が終わった後、特定口座(一般口座)に振り替えると40万円で買いなおしたイメージになります。その後、50万円に戻ったので売却すると10万円分の利益と見なされ課税されます。特定口座だけで運用していれば税金がかからないのにNISA口座を使うことで課税されるパターンになります。

デメリットまとめ

NISA口座を使うことで税金が余計にかかるパターンがあります。NISA口座は勝ちに強く負けに弱い特徴がありますので、性質を理解した上で利用しましょう。

NISAのお得な使い方は?

NISAの使い方で1番良い方法は、長期運用を目的とした投資信託の積立だと思います。NISAの枠は再利用できないことと5年という長期間という特徴をフルに生かして、ドル・コスト平均法によりデメリットを受けにくい方法だと思います。おすすめの投資信託は「おすすめの投資信託 2015年7月」を参考にしてみてください。
2番目は、新規公開株(IPO)をNISA口座で購入することです。新規公開株(IPO)は利益が出ることが多いので非課税のメリットを受けやすいためです。再利用ができなくなりますが、デメリットも回避しやすいのでありだと思います。

開設する証券会社について

NISA口座の開設についてキャンペーンを行っている証券会社もありますので、そちらも考慮してみてはいかがでしょうか。
キャンペーン内容は、2015/8/4調査時点のNISA口座開設に関する内容になります。証券口座も一緒に開設する場合は、追加のキャンペーンがありますので各種会社のページで確認してください。

証券会社 キャンペーン 投信 IPO
SBI証券 1,000円プレゼント
楽天証券 投資信託2,000円分プレゼント ×
SMBC日興証券 2,000円プレゼント
マネックス証券 1,000円プレゼント
証券会社ランキング
楽天証券
使いやすい画面で初心者に優しいのが特徴です。手数料も業界最安値クラスです。
使いやすさ
国内株
海外株
投信
SBI証券
海外株を買うならSBI証券がおすすめです!住信SBIネット銀行と連携することで業界最安値で外貨を買うことができます。
使いやすさ
国内株
海外株
投信
マネックス証券
取り扱い銘柄多数!他の証券会社で扱っていない銘柄もマネックス証券なら扱っているかもしれません。
使いやすさ
国内株
海外株
投信
ポイントサイトでお得に口座開設

ポイントサイト経由で口座開設することで数百円~数千円もらえます。
会員登録は無料ですので、ぜひ活用しましょう!
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス