基礎知識

投資信託とは

投資信託とは

投資信託とは、投資のプロにお金を預けて運用してもらうという投資方法です。
まず気をつけていただきたいのが、プロが運用した結果は必ずしもプラスではないということです。プロといえども金融商品に投資する以上は赤字になることもありえます。その結果、購入した投資信託の価格が下がることもありえます。つまり、投資信託は元本が保証されている金融商品ではないということを覚えておきましょう。

投資信託の仕組み

投資家は資金を投資信託運用会社に預け、投資信託運用会社は株式や債券などを売買します。その結果得られた運用成果から信託報酬と呼ばれる運用手数料を差し引いて投資家に返還されます。
投資信託1

投資対象や運用方針は投資信託によって多種多様です。信託報酬も投資先や運用方針により大きな差があります。
投資信託の種類、投資信託の選び方についてもまとめる予定です。

なぜ投資信託を選ぶのか

投資信託は元本が保証されていない(元本割れのリスクがある)金融商品です。
それでは、なぜ投資信託を選ぶのでしょうか?
それは、投資信託の運用成果の平均を取ると元本保証と比べてリターンが大きいためです。
投資信託の利回りは年4%~5%だと言われています。

元本が保証されている銀行の定期預金との差を考えてみましょう。
定期預金では、一番金利が高いものを選んだとしても年1%になります。
100万円を投資信託(年4%)と定期預金(年1%)で運用した差は、時間の経過とともに以下のようになります。

投資信託 ・・・ 約148万円(10年)→約219万円(20年)→約324万円(30年)
定期預金 ・・・ 約110万円(10年)→約122万円(20年)→約134万円(30年)

どちらを良しとするかは個人の生活状況や価値観によって様々だと思いますが、私は投資信託の方が有利であると思います。
ネット証券会社のホームページには、様々なシミュレータがありますので試してみるのも良いかと思います。
個人的にはさわかみファンドのシミュレータが使いやすくておすすめです。

証券会社ランキング
楽天証券
使いやすい画面で初心者に優しいのが特徴です。手数料も業界最安値クラスです。
使いやすさ
国内株
海外株
投信
SBI証券
海外株を買うならSBI証券がおすすめです!住信SBIネット銀行と連携することで業界最安値で外貨を買うことができます。
使いやすさ
国内株
海外株
投信
マネックス証券
取り扱い銘柄多数!他の証券会社で扱っていない銘柄もマネックス証券なら扱っているかもしれません。
使いやすさ
国内株
海外株
投信
ポイントサイトでお得に口座開設

ポイントサイト経由で口座開設することで数百円~数千円もらえます。
会員登録は無料ですので、ぜひ活用しましょう!
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス