運用記事

投資信託運用実績報告 – 2017/01/18

2017/01/18時点の投資信託の運用状況を報告します。

運用方法について

私は余裕資金の運用として、投資初心者にお手軽で手間もかからない投資信託の積立を行っています。
投信積立ポートフォリオ」では私が買い付けている商品を紹介していますので参照してください。

投資信託運用状況

現在の運用実績は以下になります。

銘柄 取得総額 時価評価額 評価損益
ひふみプラス 267,999 305,321 37,321
たわらノーロード 日経225 117,000 132,759 15,759
たわらノーロード 国内リート 54,999 56,235 1,235
たわらノーロード 国内債券 33,000 32,603 -397
たわらノーロード 先進国リート 21,999 23,362 1,362
たわらノーロード 先進国株式 126,000 143,849 17,849
たわらノーロード 先進国債券 33,000 33,258 258
日本債券インデックスe 37,500 39,059 1558
外国債券インデックスe 10,017 10,285 268
ニッセイ日経225インデックスファンド 167,207 184,476 17,269
<購入・換金手数料なし>ニッセイ Jリートインデックスファンド 282,005 311,795 29,789
<購入・換金手数料なし>ニッセイ グローバルリートインデックスファンド 284,615 310,230 25,615
<購入・換金手数料なし>ニッセイ 外国株式インデックスファンド 362,005 383,350 21,344
<購入・換金手数料なし>ニッセイ 外国債券インデックスファンド 89,002 86,971 -2031
<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド 72,999 73,960 960
<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド 7,000 6,833 -167
SMT グローバル株式インデックス・オープン 30,101 35,375 5,274
野村インデックスファンド・J-REIT(Funds-i J-REIT) 20,001 21,204 1,203
野村インデックスファンド・外国REIT(Funds-i 外国REIT) 60,000 61,107 1,107
三井住友・日本債券インデックス・ファンド 17,999 18,580 580
三井住友・DC全海外株式インデックスファンド 89,999 98,969 8,969
三井住友・DC外国債券インデックスファンド 17,999 16,612 -1,388
ワールド・リート・オープン(毎月決算型) 37,435 36,138 -1,298
ひふみ投信 170,000 187,812 17,812
運用中合計 2,409,881 2,610,143 200,251
利益確定済 24,438
トータルリターン 224,689

これまでの運用と今後の運用予定

投資信託の積立を始めて2年半ほど経過して運用金額も250万円を超えてきました。平均資産が半分の130万円くらいとすると2年半で+17.3%というところで、十分な状況だと思います。しかし、今は世界的に好景気ですし利益が出て当たり前の状況なので油断は禁物です。

保有ファンドの種類が多くなったので一部決済しました

これまでファンド間の信託報酬の値下げ競争が活発だったので、私も積み立てるファンドを変えることが多く、保有しているファンドの種類が多くなってしまっていました。
まだまだ整理しきれていないのですが、2016年の年末に今後のトランプ政権への不安もあったので一部利益確定の決済をするタイミングで整理しました。

NISA口座を使っているので気軽に整理できないのが現状です。

チャンスがあればスポット買い

先ほどの理由で決済したため資金が余っている状況です。

今後の経済状況は、トランプ大統領次第でどちらにも転ぶと思っています。
何か暴落する商品があれば、スポット買いを狙っていくつもりです。
米株安、円高が極端に進めば、米国株のファンドをガッツリ買っていきます。

新興国にも目を向ける

米国のリスクが落ち着いたら、新興国の株式を扱うアクティブファンドで良いものがないか探していこうと思っています。

とりわけ、インドやインドネシアやベトナムといった総人口と中流階級の人口が爆発的に増えていくであろう地域を狙います。

理由は『株式の長期投資において銘柄選択する4つのポイント』にて紹介しています。
長期的に考えれば利益が出ること間違いないと思います。インフレによる為替変動リスクは注意が必要ですが。

ただし、ベトナムは米との貿易が盛んなので、状況次第では検討から除外するかもしれません。

証券会社ランキング
楽天証券
使いやすい画面で初心者に優しいのが特徴です。手数料も業界最安値クラスです。
使いやすさ
国内株
海外株
投信
SBI証券
海外株を買うならSBI証券がおすすめです!住信SBIネット銀行と連携することで業界最安値で外貨を買うことができます。
使いやすさ
国内株
海外株
投信
マネックス証券
取り扱い銘柄多数!他の証券会社で扱っていない銘柄もマネックス証券なら扱っているかもしれません。
使いやすさ
国内株
海外株
投信
ポイントサイトでお得に口座開設

ポイントサイト経由で口座開設することで数百円~数千円もらえます。
会員登録は無料ですので、ぜひ活用しましょう!
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス