基礎知識

投資信託にかかるコスト

投資信託には大きく以下の3つのコストがかかります。

  • 販売手数料(購入コスト)
  • 信託報酬(保有コスト)
  • 信託財産留保額(売却コスト)

コストは投資信託や証券会社を選ぶ上で最重要項目になります。当然、同じパフォーマンスの投資信託であればコストがかからない方が優れています。
特に信託報酬(保有コスト)は、投資信託を保有している期間ずっとかかり続けるコストなので、長期保有を考えている場合は特に重要になります。

販売手数料(購入コスト)

投資信託を購入するときにかかるコストです。
購入する投資信託は同じであるため、安ければ安いほど有利になります。
販売会社によって金額が違います。一般的には、銀行や証券会社の窓口で購入する場合は高い場合が多く、ネット証券会社で購入すると安く済むことが多いのでおすすめします。ネット証券会社でも違う場合もあるので最安値の証券会社を探しましょう。
おすすめのネット証券会社はこちらで紹介しています。

信託報酬(保有コスト)

投資信託を保有しているとかかるコストです。
投資信託は投資のプロに代わりに運用してもらいます。そのため運用手数料が発生します。
年○%と書かれていますが日割計算されて毎日発生します。
長期保有する場合は重要なコストになるので必ずチェックしましょう。
同じ運用成果であれば信託報酬が低い方が有利になります。
ただし、パフォーマンスが高い投資信託であれば信託報酬が高くてもリターンは大きくなりますので、一概に低い方が良いとは限りません。

信託財産留保額(売却コスト)

投資信託を解約するときにかかるコストです。
基本的にかからない方が有利になりますが、他の手数料の方が占める割合が大きくなりますので、そこまで気にしなくても良いと思います。
同じような商品があった場合には、信託財産留保額に差がないかチェックしてみてください。

証券会社ランキング
楽天証券
使いやすい画面で初心者に優しいのが特徴です。手数料も業界最安値クラスです。
使いやすさ
国内株
海外株
投信
SBI証券
海外株を買うならSBI証券がおすすめです!住信SBIネット銀行と連携することで業界最安値で外貨を買うことができます。
使いやすさ
国内株
海外株
投信
マネックス証券
取り扱い銘柄多数!他の証券会社で扱っていない銘柄もマネックス証券なら扱っているかもしれません。
使いやすさ
国内株
海外株
投信
ポイントサイトでお得に口座開設

ポイントサイト経由で口座開設することで数百円~数千円もらえます。
会員登録は無料ですので、ぜひ活用しましょう!
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス