考察・手法・テクニック

はじめての投資信託 – ネット証券による投資信託の購入方法

近年、アベノミクス効果により株価上昇したことやNISAが開始されたことによって投資への関心が大きくなっていると感じます。投資初心者には手軽に買える投資信託がおすすめというサイトは多く見かけますし、私も同じように思います。そこで今回は、まだ証券会社の口座も開いていない方向けにネット証券による投資信託の購入までの流れを説明します。
投資信託とは何か分からない方は「投資信託の正しい選び方」に基本情報も記載してありますので参照ください。

当サイトでは投資信託を購入するのはSBI証券をおすすめしていますので、SBI証券を例に記載していきます。

銀行口座開設

証券会社の口座を開く前に証券会社の口座とお金をやりとりするための銀行口座を用意します。SBI証券の場合は証券会社口座専用のATMカードを作成することもできますが、これから先、証券会社を増やしていくと管理が煩雑になっていきます。そのため、できればネット銀行の口座を用意しておいた方が何かと便利だと思います。
既に持っている銀行口座がある方は、SBI証券の提携銀行に自分の銀行があるか確認してみてください。

当サイトでおすすめしている銀行口座は以下になります。色んな証券会社と提携しており、楽天銀行は普通預金の金利も優秀なので特におすすめです。私は楽天銀行をメインとして両方使用しています。

証券会社口座開設

口座開設の流れの通りになりますが、ここでは分かりにくいところを詳細に記載します。

  1. SBI証券にアクセスします。
  2. ページ下の「口座開設はこちら」をクリックします。
  3. SBI口座開設1
  4. 各種情報を入力します。気を付ける点は以下の表を参照してください。
  5. SBI口座開設2
    入力項目 入力内容
    本人確認書類の提出方法 口座開設の流れに詳細が記載されています。自分に合ったものを選択してください。WEBアップロードが口座開設に時間がかからないので最適です。
    特定口座 「開設する(源泉徴収あり)」を選択すると確定申告の必要がありませんのでおすすめです。「開設する(源泉徴収なし)」を選択すると証券会社が確定申告に必要な書類を作成してくれます。年間20万以上の利益が発生した場合はそれをもとに自分で確定申告する必要があります。「開設しない」は確定申告に必要な書類すら作成されないので選ぶ必要はないでしょう。
    NISA 後で開設することもできますが、NISA口座をまだ開いていなければ開いておくことをおすすめします。NISAについては「NISA口座について」を参照してください。
    外国為替保証金取引(FX)口座 SBI証券のFXは、さほど優秀ではなく、後で開設することもできますのでどちらでも構いません。余談ですが、FX初心者には1通貨からでも取引できるSBI FXトレード株式会社をおすすめしています。
    住信SBIネット銀行、SBIハイブリッド預金、預り金自動スィープサービス 様々なメリットがありますので、住信SBIネット銀行の口座をお持ちでない場合は、申し込みすることをおすすめします。メリットは「住信SBIネット銀行/SBIハイブリッド預金(銀行代理業)のメリット」を参照してください。

投資信託の選択

SBI証券では、2,000を超える投資信託を扱っています。この中から購入する商品を選択するのは投資初心者には難しいかもしれません。
私が投資信託を選択する基準を「投資信託の正しい選び方」にまとめてありますのでお役立てください。
また、私が選んでいる投資信託は「投資信託のポートフォリオ公開」に記載してありますので参考にしてみてください。

投資信託購入

投資信託の購入方法は、任意のタイミングで注文するスポット購入と、定期的に注文する積立購入の2種類あります。自分に合った方を選択して購入してみましょう。

スポット購入

投資信託のスポット購入の方法を説明します。SBI証券では、金額を指定して購入する金額指定買付と口数を指定して購入する口数指定買付が存在しますが、ここでは金額指定買付で説明します。口数指定買付でも購入単位が異なるだけなので同じ方法で購入できます。
例として人気の投資信託である「ひふみプラス」を購入してみます。

  1. ユーザーネームとパスワードを入力してSBI証券の口座にログインします。
  2. SBI投信購入1

  3. 「投信」⇒「パワーサーチ」をクリックします。
  4. SBI投信購入2
  5. 購入するファンド名(ここでは「ひふみプラス」)で検索し、検索結果のファンド名をクリックします。
  6. SBI投信購入3
  7. 選択したファンドのページに遷移します。「金額買付」をクリックします。
  8. SBI投信購入4
  9. 購入する金額を入力します。また、分配金が発生した場合に再投資するか受け取るか選択します。入力したら取引パスワードを入力して「注文確認画面へ」をクリックします。※NISA口座を開設している場合は、ここで選択すると思われますので確認ください。私は楽天証券で開設しているため確認できませんでした。ごめんなさい…。
  10. SBI投信購入5
  11. 注文確認画面が表示されます。「注文発注」をクリックします。
  12. SBI投信購入6
  13. 「注文を受け付けました。」と表示されます。その後、約定できるタイミングで実際に購入されます。そのタイミングはファンドによって異なるのでご確認ください。
  14. SBI投信購入7

積立購入

投資信託の積立購入の設定方法を説明します。例として人気の投資信託である「ひふみプラス」を積立設定してみます。

  1. ユーザーネームとパスワードを入力してSBI証券の口座にログインします。
  2. SBI投信購入1
  3. 「投信」⇒「パワーサーチ」をクリックします。
  4. SBI投信購入2
  5. 購入するファンド名(ここでは「ひふみプラス」)で検索し、検索結果のファンド名をクリックします。
  6. SBI投信購入3
  7. 選択したファンドのページに遷移します。「積立買付」をクリックします。
  8. SBI投信購入8
  9. 積立設定する金額を入力します。ボーナス時にも購入する場合はその設定を行います。申込日は1日単位に設定できますので自分の家庭事情に合った日を選択するのが良いでしょう。入力したら取引パスワードを入力して「設定確認画面へ」をクリックします。※NISA口座を開設している場合は、ここで選択すると思われますので確認ください。私は楽天証券で開設しているため確認できませんでした。ごめんなさい…。
  10. SBI投信購入9
  11. 設定確認画面が表示されます。「設定」をクリックします。
  12. SBI投信購入10
  13. 「設定を受け付けました。」と表示されます。その後、積立日がきたら自動的に購入されます。
  14. SBI投信購入11

証券会社ランキング
楽天証券
使いやすい画面で初心者に優しいのが特徴です。手数料も業界最安値クラスです。
使いやすさ
国内株
海外株
投信
SBI証券
海外株を買うならSBI証券がおすすめです!住信SBIネット銀行と連携することで業界最安値で外貨を買うことができます。
使いやすさ
国内株
海外株
投信
マネックス証券
取り扱い銘柄多数!他の証券会社で扱っていない銘柄もマネックス証券なら扱っているかもしれません。
使いやすさ
国内株
海外株
投信
ポイントサイトでお得に口座開設

ポイントサイト経由で口座開設することで数百円~数千円もらえます。
会員登録は無料ですので、ぜひ活用しましょう!
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス