基礎知識

投資信託の種類

投資信託には様々な種類があります。
細かく分類すると多岐にわたり難しくなりますので、ここでは特に重要な分類のみを記載します。
投資信託の種類

投資対象資産

投資対象とする資産により以下に分類されます。

  • 株式
  • 債券
  • 不動産(REIT)
  • バランス

バランスとは、株式、債券、不動産から複数を投資対象とすることを表します。その割合は投資信託商品により異なります。
一般的にリスク(リターン)が大きいのは、株式 > 不動産 > 債券 の順と言われています。

投資対象地域

投資対象とする地域により以下に分類されます。

  • 国内
  • 海外
  • グローバル

グローバルとは、国内外両方を投資対象とすることを表します。その割合は投資信託商品により異なります。
海外に投資した場合、ほとんどの商品において為替変動による差益/差損が発生しますのでリスク(リターン)が大きくなります。

運用方法

運用方法により以下に分類されます。

  • パッシブ型
  • アクティブ型

パッシブ型はインデックス型とも言われ、日経平均などのベンチマーク(指標)と同じように価格が動くように運用する方法です。
ベンチマークの騰落+株式配当などの収益-信託報酬が運用結果になります。
ベンチマーク通りの運用であるため信託報酬などの手数料は安いものが多いです。

アクティブ型は、ベンチマーク以上の成績を残すことを目標とする運用方法です。
ファンドマネージャーが銘柄などを決めますので、運用成果はファンドマネージャーの腕にかかっています。
好成績を残す優秀なファンドであれば、非常に優れた運用方法になります。
運用に経費がかかるため信託報酬などの手数料はパッシブ型と比べて高いものが多いです。
ただし、残念なことにstrong>アクティブ型の過半数はベンチマークを下回る成績となっているため、購入の際には運用成績を見て判断する必要があります。

どちらが良いかという議論は色々なところでされているのですが、私は以下の優先順で投資しています。
信頼できるアクティブ型 > インデックス型 >>> その他アクティブ型

証券会社ランキング
楽天証券
使いやすい画面で初心者に優しいのが特徴です。手数料も業界最安値クラスです。
使いやすさ
国内株
海外株
投信
SBI証券
海外株を買うならSBI証券がおすすめです!住信SBIネット銀行と連携することで業界最安値で外貨を買うことができます。
使いやすさ
国内株
海外株
投信
マネックス証券
取り扱い銘柄多数!他の証券会社で扱っていない銘柄もマネックス証券なら扱っているかもしれません。
使いやすさ
国内株
海外株
投信
ポイントサイトでお得に口座開設

ポイントサイト経由で口座開設することで数百円~数千円もらえます。
会員登録は無料ですので、ぜひ活用しましょう!
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス